JAバンクアグリ・エコサポート基金

JAバンク

組織紹介

JAバンクアグリ・エコサポート基金は、JAバンクの社会貢献活動の一環として、
農林中央金庫の基金拠出によって平成19年10月に設立されました。

農業をめぐる環境が大きく変化し、
農業経営の大規模化・安定化へ向けた経営課題や、
耕作放棄地の増大、地域の過疎化・高齢化の問題など、
様々な課題がクローズアップされています。
JAバンクでは、日本の農業・農村に対して
これまで以上に踏み込んだサポートを
行うためJAバンクアグリ・エコサポート基金を設立し、
農業の復興、地域の活性化、環境の保全などに
貢献する事業を展開しています。

活動理念

JAバンクが行う社会貢献の一環として
次の取組みを行っています。

  • 農業担い手の皆様への支援
  • 農業および地域に貢献する取組みなどへの支援
  • 消費者の皆様などに農業への理解・関心を高めていただくための取組み

活動方針

上に掲げる活動理念に基づき、具体的には次の活動を行っています。

  • 農業経営のための借入利子の負担を軽減するための助成事業
  • 農業振興、環境貢献などに積極的に取り組む企業経営体をサポートするためのファンドなどを通じた投資事業
  • 新規就農希望者(研修生)の育成を支援するための助成事業
  • 子ども達への食料、農業、環境保全などに関する教育活動の推進および助成事業
  • 国内の農林水産業に関連して発行された排出権にかかる事業
  • 再生可能エネルギーを活用した地域活性化を目指すJAに対する助成事業
  • 食料および農漁業を中心とした地域活性化等にかかる広報事業

JAバンクアグリ・エコサポート基金は、JAバンクの社会貢献活動の一環として、
農林中央金庫の基金拠出によって平成19年10月に設立されました。

現在、以下の3つの視点から、農業振興や環境保全に貢献する事業を展開しています。

  1. 農業担い手の皆様への支援
  2. 農業および地域社会に貢献する取組みなどへの支援
  3. 消費者の皆様などに農業への理解・関心を高めていただくための取組み
名称 一般社団法人 JAバンクアグリ・エコサポート基金
設立年月日 平成19年10月2日(2007.10.2)
代表理事 大橋 光夫(おおはし みつお)
資金 244億78百万円(平成28年2月15日現在)
社員 JAバンクの会員およびその代表者個人など(平成26年9月1日現在17名)
常勤スタッフ数 4名
事業所住所

東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目27番11号 アグリスクエア新宿 9階

  • 03-5361-6416
    代表
  • 03-5361-6417
    教育活動助成事業・再エネ事業
  • 03-5361-6418
    利子助成事業
  • 03-5361-6419
    新規就農応援事業・投資事業
  • 03-3359-9577
    FAX

JAバンクアグリ・エコサポート基金の理事・監事をご紹介いたします。

役職 氏名 役職等
代表理事 大橋 光夫 昭和電工株式会社最高顧問
理事 見城 美枝子 青森大学副学長
理事 中村 直人 弁護士、中村・角田・松本法律事務所
理事 半田 嘉弘 財団法人日本防災通信協会前理事長
理事 合瀬 宏毅 日本放送協会解説主幹
理事 奥野 長衛 全国農業協同組合中央会会長
理事 石川 克則 JAバンク代表者全国会議議長
理事 河野 良雄 農林中央金庫代表理事理事長
監事 甲良 好夫 公認会計士、甲良好夫事務所
監事 蔦谷 栄一 農的社会デザイン研究所 代表 (株)農林中金総合研究所 客員研究員

↑ページトップへ戻る